2013年06月20日

EverQuest Next

EverQuestの新作次期タイトルがEverQuest Nextに決定。

取材によると、今年中にはbetaが出来ると思わせる出来栄えだったとか。
今年のE3のどのタイトルよりも期待させる出来だったようです。
楽しみですね。
posted by Kensuke子 at 14:52| Comment(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

Darkfall

まさかのDarkfallが日本で開始です。
キャッチコピーが『殺してでも、奪い取れ』、『マウスを持つ手が震えるーあの激動をもう一度』




4月にFF14のベータに当選しまして、少し体験してきました。
すごくよくできていると思います。
最近はゲーム自体を遊んでおらずMMOよりは、さっとできるMO系(特にTPS、FPS視点)に興味がありまして
自分はhellgate2が出るとの事なのでそっち待ちかなー、な感じです。
posted by Kensuke子 at 11:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

Hellgate 2

ヘルゲート2の情報が出て来ましたので
以下機械翻訳

ego_hg1_20120118.jpg

モバイル版のアートワーク


"ヘルゲート:ロンドン"の後続作 "ヘルゲート2"の正体が初公開された。

18日ゲームメッカ取材結果、現在 "ヘルゲート2 'はオンラインとモバイル版で同時に開発されていることが明らかになった。 ハンビットソフトのある高位関係者は "ヘルゲート2"が両方のプラットフォームで開発されており、今年のモバイル版を先にお目見えする予定だと述べた。

"ヘルゲート2"モバイル版は、前作 "Hellgate:London(以下ヘルゲート)"と "ヘルゲート2"オンラインの時間的架け橋の役割をすることになる。 "ヘルゲート2"モバイルの時間的背景は地獄門が開かれる直前のロンドンと交差する時点から "ヘルゲート2"の開始を知らせる物語を描く。 時間的背景は前作から30年後の話を進めているので、 "ヘルゲート2 'モバイルは、"ヘルゲート "と"ヘルゲート2 "オンラインの中間地点である1.5とすることができる。

これらの世界観を土台にした "ヘルゲート2 'のモバイルとオンライン版は、前作のジャンルを継承する。 TPS方式のシューティングと近接アクションが調和した複合ジャンルで総6つの職業が登場する予定だ。 グラフィックはさらにアップグレードされます。 前作は夏服エンジンで開発されたが、今回の "ヘルゲート2"オンラインとモバイル版はアンリアルエンジン3で開発されている。 これにより、きめ細かな光源効果と相互作用が可能な様々なオブジェクト、さらに優れたグラフィック効果などを示すものと期待される。

また、 "ヘルゲート2 'モバイルプラットフォームの特性に合った操作方法を採用してシュートとアクションを簡単に利用できるように開発し​​ている。 高位関係者は "ヘルゲート2"モバイル操作はストレスがひどかった既存のモバイルTPSと非常に異なる操作方法を採用してタッチスクリーンで味わうことができる最高の操作感を提供すると伝えた。

これと共に 'ヘルゲート2 "モバイルは単に前作と続編の世界観を接続する媒介体の役割だけでなく、"ヘルゲート2'オンライン版とのデータが連動されて、新しいプレイ環境が提供される。

まず、オンライン版とモバイル版はアイテム、材料の収集、ギルド、郵便、倉庫などの基本的なシステムのデータが共有される。 これらの相互連動システムは、モバイルの利便性を中心に主眼を置いた。 モバイルプラットフォームの利点であるいつでもどこでも手軽に利用できるように両方のバージョンのゲーム内のさまざまなシステムをゲーマーが利用しやすいように開発されているのである。

戦闘とワールドは、それぞれ独立して存在するが、相互作用を介して新しいコンテンツを楽しめるようになる。 例えば、モバイル版でボスモンスターを退治すると、オンライン版で同じボスモンスターを相手にする時付加効果を得ることができるように提供される予定だ。

また、スキルを最終段階までアップグレードすると、オンライン版では、同じ系列の隠されたスキルが登場するなど、ボーナスの恩恵を受けられるように開発されている。 特定の条件を満たしている場合、ロックされていた非表示のコンテンツが解放され、新しいプレイ環境が提供されるこの機能は、モバイル版のオンライン版にのみ適用されるものではない反対の場合も該当する。

前述の両方のプラットフォーム間の相互運用性は、必須の要素というよりは隠されたボーナスコンテンツを利用することができる選択の要素として作用するよう企画され、ゲーマーたちがストレスを減らすことができる方向で製作されている。

"ヘルゲート2 'はモバイル版が先に発売されるほどのゲーマーが蓄積したデータは、今後のオンライン版がリリースされ、相互連動される予定だ。 "ヘルゲート2"モバイルは今年発売予定で、オンライン版は未定である。
posted by Kensuke子 at 00:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。